「クラシアの暮らし方」遺品整理と不用品回収の違い

2021.02/24

◆遺品整理と不用品回収の違いは?

《一番の違いはサービスの内容と質です。》

故人が所有していた品のうち、現金預金や不動産といった

財産を除く日用品などの品を遺品といいます。

貴重品はもちろんですが、衣類などの生活用品も含まれます。

こうした故人が所有していた品を整理・処分するサービスとして

遺品整理や不用品回収があります。

それぞれ遺品を整理・処分することに違いはありません。

では、具体的には遺品整理と不用品回収には

どういった違いがあるのでしょうか。

【サービスの違い】

上記の表をご覧になてお分かりいただけたと思いますが

遺品整理業者と不用品回収業者とでは対応している

サービスの数が全く違います。

不用品回収業者は不用品を回収・処分する事を主として

行っています。

遺品整理業者は不用品の回収・処分だけでなく、

故人の遺志やご遺族の心に寄り添い

様々なサービス・サポートをご提供しております。

遺品整理の場合、ご依頼主様より部屋中の物を

全て処分してほしいと言われた場合でも、

淡々と処分をするのではなく、例えば残された衣類の

ポケットに貴重品が残されていないか、タンスの中に

想い出の品が残っていないかなど、しっかりと確認しながら

進めていきます。

一方、不用品回収の場合は遺品整理に比べ細かく貴重品や

想い出の品を捜索してくれません。

本当は残しておきたかった想い出の品や

貴重品まで気付くことなく一緒に処分してしまう

リスクが高くなってしまいます。

【質の違い】

質の違いとは、根本的な意識の違いがスタッフの質、

作業の質に表れると考えております。

遺品整理業者の場合、たとえ不用品として処分する

家財道具であっても、それは故人やご遺族が

子供の頃に使用していた想い出が詰まった物であったり

残したいけれど仕方なく処分をする物などが

沢山あるという事を理解しています。

不用品回収業者の場合、あくまでも回収・処分がメインなので

遺品に対する理解が乏しく、ご遺族の視点からすると

作業が雑に感じるのではないかと思います。

では、「とにかく安くで処分してほしい」という方は

不用品回収業者に依頼する方がいいの?

それは違います!

一見すると遺品整理は付帯サービスが充実しているので

その分不用品回収に比べて費用が高くなるのでは?

と思われる方が多くいらっしゃるのですが

不用品回収業者だから確実に遺品整理業者よりも

安いということはありません。

結局のところ費用に関しては業者によりバラバラなので

相見積もりを取られることをおすすめいたします。

クラシアでは家具・家電・衣類・生活雑貨など幅広く

買取やリサイクルに力を入れているので

これまで多くの方に低価格でご利用いただいております。

今回、遺品整理と不用品回収の違いについて

ご紹介させていただきました。

遺品整理は人生において数少ない機会です。

その為、皆様が少しでも最善の選択をしていただけるよう

参考にしていただければ幸いです。

クラシアでは大阪、兵庫、を中心に関西エリアの

遺品整理・生前整理をはじめ不用品回収、不用品買取を行っております。

皆様からのお問い合わせ、ご相談を心よりお待ちしております。